カッターナイフで仏像彫刻 その1 Exercise 1 Lets try carving Buddha statue by box cutter

 

以前かまぼこ板を使って仏像彫刻を試してみました。

今回はさらに基本に立ち返り、仏像彫刻ではありませんが、カッターナイフのシンプルな動きだけで削

り方を練習できればと思います。

まず用意するものは、割りばしとカッターナイフです。

シンプルに割り箸を薄く削っていくだけですが、初めて挑戦する人には少し戸惑うかもしれません。

カッターナイフの刃を一定の角度に保ちつつ、微妙な力加減で薄く削っていくのは意外と難しいです。

この練習で見につくのは、鋭利な刃物でスライスしたきれいな 面を一発で仕上げることです。

あまり刃物を使い慣れていないと、一定の広さの面を仕上げ出すことはできず、小刻みな小さな彫跡が

まばらに残り、あまり美しくありません。

初めて挑戦して一発でうまく削ることは難しいと思いますが、反復して何度も何度も繰り返すことによ

り、ナイフが吸い付くようになってく日がいつか必ず来ますので、気長に楽しんでみて下さい。

 

Before I tried carved Buddha statue in wood board for Kamaboko

This time is not carving of Buddha statue but
we will exercise about how to sharpen by simply move of box cutter
First we need box cutter with disposable wooden chopsticks
its just sharpen disposable wooden chopsticks thinly
but Maybe you will confuse it if you are beginner
I think difficult point is below.
Keep same angle edge of box cutter
and control power of moving edge
but you can get skill for
how to make very smooth and beautiful surface finish
by sharp edge-tool
If you dont have too much experience of
using edge tool you can not make smooth surface
maybe it have lot of small and sparse surface by knife
It is not beautiful too much
if this is the first challenge of your life
maybe you feel diffucult but one day you be come
you can do it and you can feel like a your knife stick on wood
so lets enjoy it without haste

narau

割りばしとカッターナイフを使うのはどこの家庭にもあって、使った割りばしは捨ててしまうので、気楽に彫刻の練習ができることです。

ほかに代用できる木があればそちらをお使いになっても構いません。

why use disposable wooden chop stick and Box cutter?
because every family has these tools
so you can start exercise of carving easilly
If you have another wood
of course you can use it

narau1

使いさしの割りばしを使うことを前提としていますので今回は割って使います。

This exercise premise for use
Already used disposable wooden chopstick
so this time already chopped before use

narau2

先端の角を上図のように削ります。

削った跡が平らになるように何度も繰り返します。

sharpen corner of tip like a upper picture

Repeated many times to make smooth and flat surface finish

narau3

narau4

narau5

 

narau6

narau7

 

 

narau9

 

narau10

 

できるだけ平らな面が出せるようになりましたら次は割りばしの面の部分を薄く削る練習をしてみます。

When you can sharpened flat surface
Let try sharpen surface of disposable wooden chopstick

narau12

 

 

narau8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

narau10

 

 

 

 

 

 

narau11

 

このような感じで繰り返し続けてみてください。

ただ気持ちが別のところにいったり、しんどくなってきたらすぐにやめてください。

あくまで、楽しいという気持ちが一番大切です。

もっと違うものを作りたいという気持ちが出てきましたら、あっちこっち色々試しても良いと思います。

Lets repeat like that

but you should quite

when you feel tired or lose interest
Because most important elements is Enjoy 
f you wanna make another things
you should try many things

narau9

 


カッターナイフからさらに彫刻を発展したいという方がいらっしゃいましたら、彫刻刀一本を使った一刀彫も掲載しています。

ets click bellow “caving with a single carving knife Into*3 ”
anyone who would be try next step
 ・
 ・

練習 カッターナイフで刻みをつけてみる 2

Exercise 2 to carve by box cutter

 

練習 カッターナイフで玉の連続を彫刻 3

Exercise 3 carve continuums ball

 

練習 カッターナイフで膨らみの表現 4

Exercise 4 expression of swelling

 

練習 カッターナイフで一刀彫の練習 5

Exercise 5 carve by Ittobori*1 caving with a single knife 

 

練習 カッターナイフでお顔の練習 6

Exercise of carve face

 

円空風、彫刻の練習 木の裂け目を生かす彫り方

全身像の練習

 

Exercise of carve full length

 

 

蓮の蕾の練習

Exercise of carve bud of the lotus