金剛界 1 大日如来(毘盧遮那如来坐像)の二回目の彫刻

kongoukai-1-2-1

二回目の彫刻

一昨日、胎蔵界の中尊である大日如来坐像の二回目の彫刻をしましたが、今回は金剛界の中尊である毘盧遮那如来坐像を彫刻してみます。

彫り進め方は胎蔵界と同じように顔の前面を彫り、顔を奥に引きました。

それにより胸に厚みを持たせました。

次に手先が大きく見えるので、左手の一差し指を右手で握り込んだ形を智拳印と呼びますが、その印の厚みをスリムにしていき、指と指の間の溝を彫る前の段階まで彫り進めました。

胎蔵界の大日如来と同様に、金剛界の中尊も彫り進めていくと、力が入りすぎて細かくなりすぎるので、曼荼羅の全体像を考えて今回も衣紋線を彫刻するまでにしておきます。

合掌

kongoukai-1-2-2 kongoukai-1-2-3

 

金剛界大日如来一回目の彫刻←クリックすると進みます。

 

金剛界 1 大日如来(毘盧遮那如来坐像)の二回目の彫刻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。