胎蔵界 121 如来笑菩薩尊像

taizoukai-121-1

如来笑菩薩尊像(梵名:Tathagatahasa:タターガタハーサ)

如来笑菩薩(にょらいしょうぼさつ)

身色=肌色

右手=口のそばに当てる

左手=蓮華を持つ。

台座=赤蓮華

如来の歓喜の徳を司る尊像で、如来の教えを聞き、心の底から喜びが涌き、心身ともに喜びにみちあふれている姿をした尊像です。

小乗仏教はもちろん、大乗仏教でも如来が大口をあけて笑うという記述はありませんが、密教では、これを積極的に肯定し、喜びを喜びとして表そうとしたと考えられています。

合掌

 

taizoukai-121-2

 

 

胎蔵界 121 如来笑菩薩尊像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。