胎蔵界 138 無垢光菩薩

taizoukai 138-1

無垢光菩薩 むくこうぼさつ (梵名:Vimalaprabha ビマラプラパ)

身色 黄色

左手 未開敷蓮華を持つ

右手 臍(へそ)前に仰げ鉢を載せます

尊形 童子形

髪  三髻にする

台座 赤蓮華に坐る

 

尊名に表されているように、煩悩に汚されず光輝く文殊の智慧を示します。

密号の離塵とは、煩悩を離れている意味です。

右手に持つ鉢は、その中にある智慧の功徳を衆生に与えんとするものです。

この尊像は『大日経』具縁品には説かれないですが、秘密曼荼羅品に登場します。

また他の経軌にも説示されています。

真言の〔pratijna〕は『大日経』のチベット訳によって補われています。

合掌

 

taizoukai 138-2

 

 

 

 

胎蔵界 138 無垢光菩薩