胎蔵界 195 蘇婆呼菩薩尊像

taizoukai-195-1

 

蘇婆呼菩薩・そばこぼさつ(梵名:Subahuスバーフ)

身色 肌色 左手 蓮華を持つ、その蓮華の上には青蓮華を立てる。

蘇婆呼(Subahuスバーフ)は訳して、妙臂。 この妙臂菩薩が質問して金剛薬叉大将が答説するという『蘇婆呼童子請問経』という経典があります。

印と種字が一致するところから『大日経』の安慧菩薩は住慧菩薩とも呼びます。

安慧、住慧というのは常にその慧に安住して衆生を利するところから名付けられました。

『諸尊便覧』などには三形を蓮華上一鈷杵とありますが、蓮華上青蓮華に改められました。 なお蘇婆呼菩薩は童子形に描かれるのを常としています。

合掌 taizoukai-195-2

胎蔵界 195 蘇婆呼菩薩尊像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。