差し込み式の香合佛 阿弥陀如来立像 薄彩色仕上げ

entyuu-maru-40

 

薄彩色仕上げ

彩色仕上げには大きく分けて極彩色仕上げと、薄彩色仕上げがあります。

極彩色仕上げは、下地を漆でしっかりと固めて、その上に胡粉という白色で塗り真っ白にします。

その上から鮮やかな色を載せていきます。

薄彩色仕上げは、木地の上から直接彩色をします。

木目が見える程度に薄く色をのせるので薄彩色といわれています。

そして、今から仏像に色を施すのは、薄彩色になります。

今回使う色は群青と金色の二色になります。

阿弥陀様の髪の色に群青を載せて、衣に金彩を施します。

 

 

entyuu-maru-55

 

金は本金を使用しますが、この大きな絵皿に入っている金は膠分が入っていないので、あらかじめ膠を薄めたぬるま湯をほんの少し用意して、それを筆に含ませて金を溶かしながら描いています。

 

 

entyuu-maru-56

まずは髪に群青をのせました。

そして、金彩を施して完成とします。

 

 

 

 

 

entyuu-maru-57

entyuu-maru-58

entyuu-maru-59

IMG_3942

IMG_3944

IMG_3947

 

 香佛舎 制作行程

香佛舎 ギャラリー

 

 

前へ                  最初へ

差し込み式の香合佛 阿弥陀如来立像 薄彩色仕上げ