彫刻刀のブランド ー 清綱 小信 信吉 義延 Brand name of chisels

彫刻刀のブランド

彫刻刀にもブランドがあります。

いままで彫刻をしてきて最も良く使うのが清綱、次に義延、次に信吉、小信(このぶー一本のみ所有)です。

どの道具も素晴らしいので、これだと一本に決めるのは難しいです、切れ味もほぼ同じです。

切れ味をきめるのは鋼(はがね)です。

私が聞いた話によると清綱と小信は青紙2号を使っています。

刃物鋼は【紙】とも呼ばれます、上等な順で上から

青紙スーパー
青紙2号
白紙3号
白紙2号
白紙1号
黄紙3号
黄紙2号

黄紙2号が最下位なので安物の鋼かと言われたら全くそういう事もなく、鋼は使う用途によってかわります。

それは硬度と軟度の関係で鋼が固すぎるのが適しているものや、柔らかい鋼が適している物があるので一概には言えません。

そして彫刻刀には青紙2号が一番適しているようです。

彫刻刀は研ぐと切れるようになりますが、どれだけ切れ味が持続するかが問題です。

小学校の頃にセットで購入した1000円ぐらいの彫刻刀がありますが、なぜ職人さんは使わないのかというと、鋭利に研ぐことはできますがいとも簡単にすぐ切れなくなります。

最初の一削りに切れ味を使い果たしてしまいます。

 

Actually chisels have brand-name goods also
The best use brand name of chisels for sculpture is Kiyotsuna
next is Yoshinobu next is Nobuyosi or Konobu while I started scluputure
up to the present

I cannot chose one brand of chisels because these
chisels are really nice chisels they have same cutting quality of a chisels
and same sharpness

most important elements of cutting quality is kind of steels

According to the story that I heard
Kiyotsuna and Konobu use Aogami-No.2

These steels for use tools also called Kami(Kami or Gami is meaning the paper in Japanese)

These steels by high quality from the top

青紙スーパー
Aogami-super(Ao mean the blue in Japanese)
青紙2号
Aogami-No.2
白紙3号
Shirogami-No.3(Shiro mean the white in Japanese)
白紙2号
Shirogami-No.2
白紙1号
Shirogami-No.1
黄紙3号
Kigami-No.3(ki mean the yellow in japanese)
黄紙2号
Kigami-No.2

You may think Kigami No.2 is junk steels but
that is wrong

Because you must chose kind of steel for the right stuff in the right place

it mean some part of tools need hard steel but some part of tools need
soft steel so that can’t be said sweepingly.
Actually all chisels can be have same sharpness when you sharpning
but different of steel quality is how long sustaining sharpness

for example craft man never use cheep chisels for students or beginner
because these chisels cannot hold sharpness edge these chisels will be doesnt sharp soon

 

 

tyoukokutou bland-1

 

ここに掲載した彫刻刀は、主に檜のような柔らかい木を削るのに適しています。

実は柔らかい木ほど、優れた切れ味を要求します。

それは、仕上げに削った跡がピカット光ります。

切れ味が悪いと、削った跡が光りません。

その削り跡の美しさに統一感がないと仕上がりが美しくなくなります。

それには切れ味を持続する必要があり、あんまり頻繁に研いでいても彫刻が進まないので鋭利な刃先が出来るだけ長く持続する事を求められます。

では、固い木を削るのはどうするのかというと、これは私の想像ですが鋼を固くすると良いのではないだろうかと思います。

木の固さに負けない鋼が必要ですが、そうすると切れ味は持続しません。

しかし、固い鋼に切れ味を持続するためには刃先の角度を鋭角から鈍角にすることです。

そうすることにより、固い木でもある程度彫れるのではないだろうかと思いますが、私はそこまでするのは面倒くさいので、いつも使っている彫刻刀を使ってそのまま削り、切れなくなったら少しずつ角度を鈍角にしながら研いで使います。

最終的には所定の角度になっています。

しかしこの鋼を使って彫刻刀を作ってくださいという、財力と余裕があれば良いのですが、当分先になりそうです。

先代から受け継いだ道具の形で充分完成されているので注文をつけるところなんてないのですが、実は遠い国にすんでいる日本人の方が現地で彫刻をするのに苦労しています。

それは日本のような柔らかい木が絶望的になく、固い木が主流です。

ですので、そんな固い木を削るにはどうすれば良いのだろうかと色々と考えていましたが、一番良いのは先ほどの刃先に使う一番固い鋼を極力薄くしてその上に被せる一番柔らかい地金を厚くして特注で作ってもらうと現地の木にあった道具になるのではないだろうかと勝手に想像しています。

地金を柔らかくする事で研ぐのが楽になります。

全部鋼で作ると、研ぐのがものすごく大変です。

いっこうに研ぎが進まない状態になります。

この鋼と地金を重ねる日本の刃物はすごいなあといつも感心します。

それは実用的に切れるという事と研ぎやすいというだけでなく美しさも兼ね備えています。

この美しいという感覚は彫刻をする上でとてもモチベーションをあげてくれます。

まずはそれぞれの彫刻刀をご紹介します。

These chisels was introduced in this chapter is
good for carving soft woods like a Hinoki(Japanese cypress)

Actually carve soft woods need sharp edge
when you use sharp chisels surface of finished goes shining
but if you use doesnt sharp chisels it couldnt shining

Thats why beautiful surface of finished need sharp chisels

It mean chisels have to hold sharpness long time also
if chisels couldnt hold sharpness long time you have to sharpning frequently

By the way I think that you should harden steel if you sculpture hard wood,

When you carve harden wood you need harden steel for that
but It doesnt hold sharpness.So harden steel blade should make the blade edge an obtuse angle

I think if I use that chisel I become able to carve a hard tree easily
but That takes labor.

So I always use chisels of everyday I using and these chisels has lost its edge
I make the blade edge an obtuse angle
But I can not afford to order such special chisels now

Of course these chisels already have perfect shape and blade from the wise ancestors and worship them
so no need request to these chisels but actually the Japanese guy who lives in the far-off country have a hard time for carving in there
Because that country sculpture mainly used hard wood
so he cannnot found soft wood like a japanese woods

I try to think what is best way for carving from these hard wood
and I think the best way is he have to get special chisels made off hard steel edge and pour thick soft steel over the edge

If use soft steel it becomes comfortable to sharpen by softening it.
If made off harden steel only it becomes hard to sharpen

I always think Japanese edged tools use stak hard steel and soft steel is
really great idea

that make it sharp practically and easy to sharpen edge
and beautiful blade
I think this element to be beautiful is very importnt elements for raise motivation of sculpture
I introduced my best brand name of chisels bellow

tyoukokutou bland-2

信吉  https://sv73.wadax.ne.jp/~woodlike-co-jp/cart/29.html

この刃物は15年以上は使っています。

だいぶ短くなりましたが、とても美しいフォルムをしています。

薄く作られていて軽くて使いやすいです。
Nobuyoshi

This chisels used more than 15 years
so blade goes very short but still have beautiful form
This brand chisels is made thinly so it makes light and easy to use

 

tyoukokutou bland-3

今井義延 http://www.yosinobu.com

京都の鍛治師です。

直接、鍛治師の方から購入しています。

工房兼店舗になっていて、鍛治師ご本人との雑談ばかりで購入するのも忘れてしまいそうになるときがあります。

息子さんは直接知らないのですが、刀鍛冶もされているようです。

義延さんの刃物は材料を惜しみなく使っているようで鋼、地金とも厚くどっしりとしています。

この刃物はかれこれ10年以上は経過していると思います。

というかウェブサイト作っていたんや、初めて知りました。

Yoshinobu Imai

this brand name from edge tool craftsman`s name

His shop also served as a workshop
I always to talk in a friendly with him so
sometime I I seems like I forgot bought chisels

I never met his sun but I know his sun is Japanese sword smith

These chisels made by Mr,Yoshinobu`s use good Steel generously
so these chisels have thick edge and blade

This chisel used more than 10 years

I never know He had website
I knew it now

tyoukokutou bland-4JPG

小信 http://www.konobu.com

彫刻刀界のスーパースター小信(このぶ)の四分(12センチ)の彫刻刀

左小信が登録商標です。

この小信は今回初めて購入しました。

清綱よりもやや厚く、義延よりも薄い、信吉に近い厚みの彫刻刀です。

長年彫刻をしていて小信の彫刻刀を一度も使った事がないというのもなんだか、説得力にかけるということで試しに購入しました。

素晴らしい道具である事は写真ではお伝えするのに限界がありますが、繊細な道具だという事がよくわかります。

一つ一つの形に妥協していないというのが伝わります。

いつも使っているお財布がエルメスに変わったような感覚でしょうか(実際にはエルメスの財布を持っていませんが)。

Konobu

Konobu`s 12cm chisel is superstar in chisels

Hidarikonobu is a registered trademark

I bought this Konobu`s chisel is my first Konobu`s chisel

This chisel blade is more than thick Kiyotsuna and It is thinner than Yoshinobu
Its looks like a Nobuyoshi`s chisel

I think I have never even once used a Konobu`s chisel before
my explained goes not convincing
so I bought it for trial

I couldnt show this chisels greatness and goodness by picture but you can understood
this chisels is delicate chisel

also you can understood It made not to compromise with form

This feels like a first time use Hermes wallet
(actually I never use Hermes wallet)

 

tyoukokutou bland-5 tyoukokutou bland-6

今回は彫刻刀の柄を差し込み式にしました。

tyoukokutou bland-7 tyoukokutou bland-8

上の画像までが小信です。

To an upper image is Konobu

 

tyoukokutou bland-9

清綱 http://kiyotuna.com

この印刀の彫刻刀、実は私が習い始めたときに購入した物です。

清綱の彫刻刀は私の道具の大部分を占めます。

薄刃なので軽くて疲れにくいという事もあります。

彫刻刀の寿命は鋼がなくなるまで使えます。

そしてその鋼が入っている場所は銘の部分までです。

あともう少しでこの彫刻刀の寿命が途絶えそうです。

20年間の成長の記録です。

Kiyotsuna

Actually this chisel is bought when i started practicing sclputure
My almost chisels is this Brand Kiyotsuna

Kiyotsuna have thin edge blade so it is light weight so dont be tired even carving long time

The life of the chisel is usable until steel disappears
and actually end of steel is same as part of brand name in blade

This chisel is sands of time are running out.
This chisels is proof of my 20years of sculpture

 

 

下の画像リンク集では彫刻刀の柄の制作方法や研ぎ方をご紹介しています。

Bellow image link introduced how to made grip of chisels and how to sharpen it

tyoukokutou bland-10 tyoukokutou bland-11 tyoukokutou bland-12

 

そして、新たな生命が誕生します。

and And new life will be born.

合掌

Gassho (prayer`s hands)

 

下のリンク画像集は、彫刻刀の柄の作り方や研ぎ方をご紹介しています。

Bellow image link introduced how to made grip of chisels and
how to sharpen it

tyoukokutou-ito-31

彫刻刀の柄の形 ー 使いやすい彫刻刀の柄のフォルムとは

Best form for grip of chisels What is best form for grip of chisel

 

奇麗な彫刻刀と彫るための用と美を兼ね備えた彫刻刀の違い

Difference between just beautiful chisels and chisels having both practicality and beauty

tyoukokutou-32

彫刻刀に柄をつける 上の画像 

How to install Grip       Upper image

 

tyoukokuwari-20

彫刻刀の柄を割って作る 上の画像

Made Grip by splitting wood   Upper image

tyoukokutou hosoku-5

ペンケースに入れる彫刻刀を改良してみる 上の画像

Customize chisels for storing pen case      Upper imagetoisi-17

二種類の砥石を使って彫刻刀を砥ぐ 上の画像

Sharpen chisels by two kind of sharpening stone   Upper image

marutoutogu-7

丸刀の研ぎ方 上の画像

How to sharpen Ganto  Upper image

tyoukoku-mijikai-8

彫刻刀の柄を削って丸刀の刃先を長くする 上の画像

Sharpen grip for lengthen the blade of Ganto   Upper image

tyoukokutou-ito-26

彫刻刀の柄の先に糸を巻き付ける 上の画像

wind thread on grip of chisels           upper image

彫刻刀のブランド ー 清綱 小信 信吉 義延 Brand name of chisels